Windows11からWindows10へダウングレード(復元)方法と不具合情報まとめ

はじめましてjavaエンジニア歴10年のINFOBOXです。
2021/10/5からWindows11が一般公開されWindows10のPCについてもWindows11へのシステム要件を満たしていれば無料アップグレードすることができます。
しかし以下の記事にもある通りリリースしたばかりのOSのため不具合も多く場合によっては利用に支障があるほど不具合が起こりえます。
そんな時でもWindows10へダウングレードする方法を事前に分かっていれば安心ですよね。Windows11へアップグレード後10日以内であればWindows10へダウングレード(復元)可能です。

逆にアップグレード10日以上(厳密には10日を過ぎてしまった場合)経過した際は復元できるのか。
こちらについてはクリーンインストールを行う必要があり、個人ファイルやアプリなどが削除されるので事前バックアップは必須となり所要時間も2時間以上は確保しておく必要があるので非常に手間となるので注意してください。詳しい情報については以下の記事にもまとめてますのでご参考にしてみてください。

Windows11から10へダウングレードするなら10日以内!10日以上はどうする?
Windows11へアップグレード後に不具合が起きた際の対応としてWindows10へ戻す方法があります。10日以内であれば簡単に復元可能ですが10日を過ぎるとどうなる?MicroSoft公式サイト情報を元に対応方法の違いからどんな理由でダウングレードしているのか実際に起きている不具合情報にも触れていきます

2021/10/12に早速Windows11の更新パッチがリリースされましたが、その中にもいくつかの不具合や脆弱性による対応も含まれています。許容できる範囲の不具合なのかどうか次第でWindows11へあげるか悩まれている方も多いのではないでしょうか。
今回は不具合情報を含めてWindows10へのダウングレード方法の手順について詳しくご紹介していきます。

その際の手順や所感について触れていきます。
この記事はこんな方にお勧め!

・Widows11を利用しているが不具合がありWindows10へダウングレードしたいが方法が分からない方
・Windows11へアップグレードを検討しているが万が一不具合があった際の回避策を知っておきたい方
・Windows11からWindows10への復元方法ってどんな感じなの?いつまでできるの?と静観されている方

Windows11からWindows10へダウングレードできる期間は決まっている?

Windows 11 が気に入らない場合、Windows 10 PC をアップグレードした後に Windows 10 に戻すことはできますか?
はい。10 日以内であれば、Windows 11 にアップグレードした後に、ファイルとデータを保持したまま Windows 10 に戻すことができます。 その 10 日が過ぎた後は、データをバックアップし、”クリーン インストール” を実行して Windows 10 に戻す必要があります。
引用:MicroSoft公式「Windows 11 へのアップグレード: よくあるご質問」

上記の通りWindows11へアップグレード後に何かしらの理由によりWindows10へダウングレード(復元)したい場合は10日以内であれば戻すことが可能です。
仮に10日間を過ぎた場合でもデータをバックアップしクリーンインストールを行えば戻すことは可能ですが、
OSのクリーンインストールの場合はインストール済のアプリやタスクバーの設定情報等のプロファイル情報も消えてしまうので注意が必要です。特にサブスクリプションによるアプリ等はライセンスキー等も控えておく必要があるため、
元の状態まで設定を再現させるのは困難かと思いますのでご注意ください。

 Windows11からWindows10へダウングレード(復元)した手順

このダウングレードの方法はWindows11へアップグレードしてから10日以内に実施可能な方法です。これから記載する手順は実際に私が行った際の画面キャプチャを元に手順化した内容をご紹介します。
作業内容としては非常にシンプルで所要時間は30分程度あれば完了しました。Windows11へアップグレードした際と同様にもう少し時間がかかるイメージだったので今回も拍子抜けしてしまいました。
OSの違いはWindows7からWindows8.1へアップグレードした時の様なGUIの大幅な刷新では無いためパッと見では復元されたのかどうか分からないくらいです。

手順①:設定画面からシステム>回復を開く

デスクトップ画面左下のWindowsロゴマークを右クリック→設定をクリックしシステム>回復をクリック

Windows11設定_システム画面

手順②:回復画面の「復元」をクリック

回復画面内にある「復元」項目には「このバージョンが動作しない場合は、WIndows10に戻してみてください」と記載されているので「復元」ボタンをクリック。

(戻してみてくださいと・・・かなりフランクな言い回しですよねMicroSoftさん)Windows11設定_システム_回復_復元画面

Windows11アップグレードに10日を過ぎたらどうなる?ダウングレードできない?

Windows10からWindows11へアップグレードしてから10日以上経過した後はダウングレードができなくなってしまいます。
具体的には「システム > 回復 > 復元」の画面の状態となり復元(ダウングレード)することができません。

windows11アップグレード後10日以上経過したシステム復元画面

ご覧の通り「復元」ボタンがグレーアウトしておりWindows10へ戻すことができなくなっています。

これは10日間は旧バージョンのWindows10のシステムファイルを保持していることで簡単に復元することができますが、10日以上経過するとこの古いシステム情報が永久的に削除されるため戻すことができなくなります。
(削除されるとストレージ容量が数GB程度空きがでます)
ご参考までに10日以上経過後にWindows10へ戻す場合はインストールメディアや以下URLよりWindows10の再インストールを実施する必要があります。

注意点として工場出荷状態となるためデータやアプリも全て削除されるため事前にバックアップが必要となり、かなり手間となるのでご注意ください。

Windows 10 のダウンロード

手順③:システム復元画面操作

ここからは「Windows10に復元する」画面のポップアップが表示されるので、画面に従って操作していきます。

はじめはMicroSoftさんへのアンケート情報を送信する画面です。理由は何でも良いのですが私の場合はちょっと府に落ちない理由でしたので正直に「画面全体がチラついたり真っ暗な画面になってしまう」と記載しておきました(笑)

手順③-1:以前のバージョンに戻す理由をお聞かせください 「次へ」をクリック

該当する項目にチェックを入れ「次へ」をクリック

Windows10復元画面1

手順③-2:アップデートをチェックしますか? 「行わない」をクリック

説明文の通り何か不具合が理由でWindows10への復元をする場合はWindows Updateにより解決する場合があるため事前に確認しておいた方が良いでしょう。

私の場合は既に確認済にも関わらず解決できなかったので・・・

「行わない」をクリック

Windows10復元画面2

手順③-3:知っておくべきこと 「次へ」をクリック

復元処理を実行するにあたり注意事項が記載されています。

要約すると以下の点に注意が必要

・復元処理中は必ずPCを電源に接続した状態で、電源を入れたままにしておくこと
・復元後は一部のアプリとプログラムは再インストールが必要になります
・通常はデータやユーザ情報に影響は無いが念のためバックアップを推奨

私の場合は2番目の再インストールが必要となったアプリなどはありませんでしたが、万が一消えてしまったアプリがあった場合は復元による影響と考えた方が良いでしょう。

システム復元画面4

手順③-4:ロックアプトされないようにご注意ください 「次へ」をクリック

これも復元処理実行前の注意事項ですね。ログイン時のパスワードは忘れずにという事とですが、私がWidows11へアップグレードした際のログイン情報はWindows10の頃と変更無くログインでき、Windows10へダウングレード後も同じアカウント情報でログインできたことから特に変更していなければ問題ないと思います。

システム復元画面5

手順③-5:Windows11をお試しいただきありがとうございます 「Windows10に復元する」をクリック

いよいよWindows10へ復元するタイミングまで辿り着きました。このボタンをクリックすると復元処理が実行され数回の再起動が行われます。時間としては私の場合はおよそ10分~15分程度でしたが、

PCのスペック等により時間に差があるかと思いますが数時間等の長時間を要する処理では無いため簡単に復元は可能な印象です。

システム復元画面6

手順④:再起動が完了しログイン後のシステム仕様を確認

手順③の実行により数回再起動後にログイン画面が表示されます。

ログイン後に「Windowsログ右クリック>設定>詳細情報」を開く

以下の通りエディションが「Windows10」となっていることを確認

Windowsの仕様

完了!

Windows11 Updateによる不具合解消情報について

・不具合情報まとめ

October 12, 2021—KB5006674 (OS Build 22000.258)
Windows 11初の累積更新プログラムが配信開始~ただし未解決不具合は残る
  Windows 11にとって初となる累積更新プログラムが配信開始されました。   これにより既知の問題が1つ解決されますが、未解決の不具合が多く残ります。 KB5006674が配信開始 配信が開始
AMD Ryzenの性能低下問題、Windows 11向けパッチのリリース日程が判明
  リリースされたばかりのWindows 11にはさまざまな不具合があることが判明しており、そのなかの1つがAMDのRyzenプロセッサで性能が低下するという問題です。   この問題を解決するためのア

実際に私も先日一般公開後にDellのノートPC(Dell/Vostro3500)をWindows10からWindows11へアップグレードしました。アップグレード方法も分かりやすく費やした時間も30分程度と、
複雑な操作も無く完了しました。
しかし利用している際に時々真っ暗な画面に点滅したり画面全体がブレたような感じでチラつく挙動を確認しました。さすがにディスプレイがブレた状態ですと利用する際にも支障があるので、
恐らくディスプレイドライバ周りの影響かと推測してましたが、原因の切り分けも兼ねてWindows11からWindows10へダウングレードを実施してみました。
2021/11/11追記 ↓の記事内でディスプレイドライバによる不具合が解決した内容を書いてます。
画面のブレや真っ暗な画面に点滅する等の不具合がある方は是非みてみてください。

Windows11アップグレード後のディスプレイ画面不具合の原因と解決方法
2021/10/05にWindows111へアップグレード後に画面のチラつきや突然真っ暗な画面を繰り返す不具合(事象)を確認。 MicroSoft公式で案内されている解決策でも改善せず、私が試行錯誤により判明した原因と解決した方法をご紹介します。 Intel製のグラフィックドライバの方は必見です。

Windows11 に対するWindows Updateにより様々な不具合が解消されています。
先日も2021/11/22にアップデートの更新パッチ「KB5007262」が公開されました。
主なリリース内容をまとめたハイライトの数は21件。
フォント関連やタスクバー周りのUI関連、プリンタ、オーディオなどのドライバ周りも多数でています。

2021 年 11 月 22 日 — KB5007262 (OS ビルド 22000.348) プレビュー

Windows10へ復元後の動作確認と感想について

いかがでしたでしょうか。実際に復元してみると復元の流れも簡単で費やした所要時間も30分程度だったこともあり直ぐに戻すことができました。

復元後にいくつかのアプリケーションの動作や存在チェックなどを行いましたが、特に変わった点もなく以前と同様に快適に利用することができています。

Windows11へのアップグレードのタイミングについてはWindows10のサポート期間が2025年10月までと、まだまだ余裕もあり企業はもちろんですが個人利用のPCもすぐに対応する必要は無いと思います。ガジェット好きな私は可能であれば新しいOSを利用したい気持ちはありましたが、画面の不具合がどうにか解決できない限りはこのままWindows10を利用していく予定です。

私の不具合はディスプレイドライバ周りと疑っておりPCのメーカやCPUの種類、ドライバに依存することもあり、他のパソコンでは問題無く利用できる場合もあると思いますが注意は必要です。

もしWindows11へアップグレードをご検討中の方でちょっと試してみたいけど何か不具合があったら元に戻したいなんて方がいらっしゃいましたら、

今回の復元方法で戻すことが可能です。ただしアップグレード後10日間以内であれば!とMicroSoftさんから報告されているのでその点だけご注意ください。

2021/10/26 更新
ディスプレイ周りの不具合が更新プログラムにより解消された?以下記事はWindows Update画面からWindows11へのアップグレード手順についての内容のため是非ご参考にしてみてください。

Windows11へWindowsUpdate画面からのアップグレード手順と注意点とは
WindowsUpdate画面からWIndows11へのアップグレード手順と2021/10/05に一般リリースされたばかりで私自身もディスプレイ関連の不具合によりダウングレードした経緯もあり注意事項を含めた実施タイミングの判断指標をまとめました。

【番外編】Windows10のスペックが低く買い替えを悩まれている方向け

以下のPCはDell製ですがおススメする理由としては他者より比較的安価で富士通やNECと言った日本のメーカは独自ソフトやキーボードにも独自メニュー等があり普段利用しない機能もあるため、シンプルにコスパの良いPCを購入するのであれば参考になるかと思います。
ご紹介するPCのスペックは上記で記載させて頂いた内容の懸念点を全てクリアしたWindows11(インストール済)端末でCPU・メモリ・ストレージも余裕のあるスペックとなっています。

【店内全品P10倍!】Dell公式直販【国内在庫】ノートパソコン 新品 Windows11 プレミアム New Inspiron 15(5515)AMD Ryzen 5 5500U(15.6インチFHD/8GB メモリ/256GB SSD/プラチナシルバー/1年保証)

上記よりもう少しストレージに余裕があった方が良い方は↓

【店内全品P10倍!】Dell公式直販【受注生産】ノートパソコン 新品 Office付き Windows11 プレミアム New Inspiron 15 3000(3515)AMD Ryzen 5 3500U(15.6インチFHD/8GB メモリ/512GB SSD/Office Personal/プラチナシルバー/1年保証)

コメント