Windows11から10へダウングレードするなら10日以内!10日以上はどうする?

Windows11タスクバー

はじめましてJavaエンジニア歴10年のINFOBOXです。
2021年10月5日にWindows11が一般公開(無償アップグレード可能)されてからもう2か月以上経過していますね。私は一般公開後に早速アップグレードして動作を試しました。タスクバーの位置がデフォルトでは中央揃えだったことに若干戸惑いはありつつもWindows10の頃の様に左揃えに戻すことで抵抗無く快適に新OSを楽しんでいました。ただ、画面不具合等で作業に影響大のレベルでしたのでWindows10にダウングレードを2度ほど行いました。2回ともアップグレード後から2~3日以内に実施したので設定画面から簡単に戻すことができました。(画面不具合の記事はこちら)

Windows11アップグレード後のディスプレイ画面不具合の原因と解決方法
2021/10/05にWindows111へアップグレード後に画面のチラつきや突然真っ暗な画面を繰り返す不具合(事象)を確認。 MicroSoft公式で案内されている解決策でも改善せず、私が試行錯誤により判明した原因と解決した方法をご紹介します。 Intel製のグラフィックドライバの方は必見です。

今回はWindows10からWindows11へのアップグレードを悩まれている方々や既にアップグレードしたけど何らかの不具合によりWindows10に戻したい向けに、Windows10へ戻す際の流れから注意事項までをまとめてみることにしました。

本記事の内容をまとめると以下の通りWindows10からWindows11へアップグレードした日から10日以内と10日を経過してしまった後ではWindows10へのダウングレード方法が異なり、ログイン情報を含めたデータやファイルおよびアプリの引き継ぎ有無にも影響があるため注意が必要です。
それぞれダウングレード方法については後述で説明しているので合わせて参考にしてみてください。

■Windows11アップグレード後の経過日数別の10へのダウングレードについて

Windows11アップグレード後の経過日数Windows10へのダウングレード方法ログイン情報・個人データやアプリの継続
10日以内設定>システム>回復>復元〇(全て残る)
10日を超えた日数クリーンインストール×(工場出荷状態のため残らない)

Windows11へアップグレード後にWindows10へ戻すなら10日以内であれば簡単に戻せる

以下MicroSoft公式サイトでも記載されている通りWindows11へアップグレード後10日以内であれば簡単にWindows10へ戻す(ダウングレード)することができます。
実際私もこの方法で復元を行い個人ファイルやアプリを含めてデータも全て問題無く利用することができました。ダウングレードにかかった所要時間としてはおよそ30分~1時間程度です。これはPCのスペック等にも影響があるため目安として捉えてください。

Windows 11 が気に入らない場合、Windows 10 PC をアップグレードした後に Windows 10 に戻すことはできますか?

はい。10 日以内であれば、Windows 11 にアップグレードした後に、ファイルとデータを保持したまま Windows 10 に戻すことができます。 その 10 日が過ぎた後は、データをバックアップし、”クリーン インストール” を実行して Windows 10 に戻す必要があります。

引用:MicroSoft公式/Windows 11 へのアップグレード: よくあるご質問

逆にアップグレード後から10日が過ぎた後はWindows10をクリーンインストールをする必要があるので非常に面倒ですね。クリーンインストールとは新規でWindows10のOSをインストールすることを意味しているためインストール後は「工場出荷状態」となり元々存在していたファイルやアプリ等は全て削除されてしまうので事前にバックアップを取得しインストール後に入れ直す必要があります。

上記からもしWindows11へアップグレードし問題点や不具合が無いか等の動作確認をする場合は、必ず10日以内に実施するようにしてください。
※念のためバックアップ取得についてはMicroSoft公式でも推奨としています
万が一不具合があり作業に支障が出るレベルの場合は設定画面よりWindows10に復元(ダウングレード)することが可能。更に復元後もすぐにWindows11へアップグレードすることも可能です。

Windows11設定_システム_回復_復元画面

この方法は実際に私も2回ほど実施しており前述でも記載されている通りアプリやデータも元の状態のままとなっているため違和感無くWindows10を利用することができました。アップグレード後から10日以内にWindows10へダウングレードを実施した際の詳細の手順については以下の記事に記載してますのでご参考にしてみてください。

Windows11からWindows10へダウングレード(復元)方法と不具合情報まとめ
先日Windows11へアップグレードを行いましたが画面のブレなど不具合がみつかりWIndows10へダウングレード(復元)しました。アップグレード後10日以内であれば簡単に10へ戻すことが可能。Windows11をご検討中の方もWin10への復元方法が事前に分かっていれば安心して試せると思いますので是非ご覧ください。

Windows11アップグレード後10日を過ぎた場合はどうなる?

windows11アップグレード後10日以上経過したシステム復元画面

Windows11へアップグレード後から10日を過ぎた際の「設定 > システム >回復」画面の「復元」ボタンを確認すると上記画像の通り復元ボタンがグレーアウトしており戻すことができない状態となってしまいます。これはWindowsが自動的にWindows10へ戻すためのシステムの一時ファイルを完全に削除したことにより戻すことができなくなるため、10日を過ぎた際にはストレージの領域は数GB程の空きは発生しますが、この状態でWindows10にする方法としてはクリーンインストールしかありません。

10日を過ぎたらインストールメディア(ツール)を利用してWindows 10をクリーンインストール(ディスクありパターン)する方法

Windows10をクリーンインストールする方法としてインストール用のディスクが手元にある場合はそのディスクを挿入後に表示される画面に従ってインストールを行ってください。

インストールメディア(ツール)を利用してWindows 10をクリーンインストール(ディスクなしパターン)する方法

Windows10のインストール用ディスクが無い場合は以下から「メディア作成ツール」をダウンロードし手順に従ってインストールを実施してください。

Windows 10 のダウンロード
  1. [ツールのダウンロード] を選択し、[実行] を選択します。このツールは、管理者として実行する必要があります。
  2. [ライセンス条項] ページで、ライセンス条項に同意する場合は、[同意する] を選択します。
  3. [何を行いますか?] ページで、[この PC を今すぐアップグレードする] を選択し、[次へ] を選択します。
  4. ダウンロードしてインストールした後、このツールを使用して、Windows 10 を手順を追って PC にセットアップすることができます。Windows 10 を選択した場合、Enterprise エディション以外のすべての Windows 10 を利用できます。 Enterprise エディションの詳細については、[ボリューム ライセンス サービス センター] にアクセスしてください。
    • Windows 10 をインストールするライセンスをお持ちでなく、Windows 10 にまだアップグレードしていない場合は、こちらから購入することができます。https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/get-windows-10.
    • この PC を以前 Windows 10 にアップグレードしたことがあり、再インストールしようとしている場合は、プロダクト キーを入力する必要はありません。Windows 10 は、デジタル ライセンスを使用して、後で自動的にライセンス認証されます。
  5. Windows 10 をインストールする準備ができたら、選択内容とアップグレード中に保持される項目が、確認のために表示されます。[個人用ファイルとアプリを引き継ぐ][個人用ファイルのみを引き継ぐ][なし] の設定を変更するには、[引き継ぐものを変更] を選択します。
  6. 作業内容を保存し、開いているアプリやファイルを閉じます。準備ができたら、[インストール] を選択します。
  7. Windows 10 のインストールにはしばらく時間がかかり、PC が数回再起動する場合があります。PC の電源を切らないでください。

引用:MicroSoft公式/Windows 10 のダウンロード

上記手順は公式ページに記載されている内容で気になる部分のとしてはNo.5の「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」の設定を選択することが可能なようですが、この設定を引き継ぐことができれば「工場出荷状態」では無く10日以内で復元した際と同様の動作となり得る可能性があるのではないでしょうか。

残念ながらまだ試してはいませんが、ASUS公式サイト「個人用ファイルを保持したまま Windows 10 / 11 を再インストールする方法」でも「個人用ファイル」を保持する流れについて明記されていることからも完全なクリーンインストールで無くログイン情報や個人用ファイル(プロファイル情報/データ)やインストール済のアプリも残してくれるのでは無いかと期待してしまいます。

こちらについては動作未確認のため憶測となってしまいますが、どちらにしてもダウングレードやクリーンインストールを実施する前はバックアップを取得しておくことをおススメします。

Windows11からWindows10へダウングレードする際の注意点まとめ

ダウングレードの際は個人ファイルやアプリは引き継がれる?

→Windows11へアップグレード後から10日以内の設定画面からの復元(ダウングレード)であれば個人ファイルやデータ・アプリは引き継がれますが、10日を過ぎるとクリーンインストールの流れとなるため「工場出荷状態」となります。※未確認ですが個人ファイル/アプリを引き継ぐことも可能?

Windows11へアップグレードすべきか悩まれている方向け

Windows 11 の仕様、機能、コンピューターの要件を確認するを事前に確認する(必要がありますが、10日以内であれば設定画面から簡単にWindows10への復元が可能です。
システム要件の確認方法が良く分からない方はPC 正常性チェック アプリツールを利用してお使いのWindows10の端末がWindows11のシステム要件を満たしているかを簡単にチェックすることができます。確認方法も画面の案内に従って進めていくだけで数秒程度で結果が分かるので非常におすすめです。
要件として問題無ければ設定のWindows Update画面よりWindows11へ無償アップグレードしてみてください。所要時間としては30分~1時間程度で完了しログイン情報も含めた個人ファイルやアプリも引き継がれるためWindows10利用時とあまり変わらない感覚で新OSを触ることができます。

もし触ってみて不具合等があれば設定の回復画面からWindows10への復元を簡単に行うことが可能ですので10日間のお試し感覚でアップグレードしてみるのも良いと思います。
注意すべき点としては不具合が起きた際には原因切り分けとして一度10へダウングレードしてみてから同じ動作を確認してみてください。その事象が10では起きないのであれば11に起因する不具合としてダウングレードすることで事前に不具合を回避することができます。

Windows10にダウングレードした際の理由は何?

実体験としてWindows11へアップグレードはしたもののやはりWindows10の戻された方もTwitter上で見かけるので例としていくつか取り上げさせて頂きました。私の場合はアップグレード後に画面のチラつきやブレが生じてしまい作業できないレベルの症状だったのでダウングレードを行った経緯です。Twitterで情報を集めてみると皆さん様々な理由で戻されてますね。

この方は11がどんなものか触ってみる目的でアップグレードされたようですね。事前に10日以内であれば簡単に戻れることをご存じだったようで無事に帰還されたみたいです(笑)
※事前に流れを知っていれば安心ですね

この方はエクスプローラが重たくなる不具合に遭遇されたのでしょうか・・・。更新プログラム(プレビュー版)にも関連情報が記載されていましたが、これはクリティカルな問題ですね。私はこの問題に遭遇していないので快適にWindows11を利用しています。その他の不具合情報が気になる方はこちらの記事にまとめてますのでご参考に!

Windows11へアップグレードするべきか知っておくべき(不具合)情報|エンジニア目線
Windows11は不具合も多くお持ちのPCのスペックで問題無く動作するのか悩まれている方向けに、エンジニアである私目線でシステム要件からの考察と一般公開前のテスト・検証用の更新プログラム(プレビュー)から既知の不具合情報から今後も発生し得る不具合情報をまとめてみました。許容すべき不具合から避けるべきリスクなどポイントをご紹介します。

この方はオンラインゲーム中の回線不良のためネットワーク系のドライバが新OSに対応していなかった可能性が考えられますね。設定やアプリをダウンロードし直し・・・恐らく10日を過ぎてしまった後のダウングレード(クリーンインストール)だったのでしょうか。やはりかなり面倒のようですね。

上記の様にクリーンインストールは10日以内の復元方法と比較すると作業時間もプラス1時間程度余裕を持って確保する必要があり、更に「工場出荷状態」を覚悟する必要があるのでアップグレードする方は事前情報として必ず把握しておいてください。

Windows11へアップグレード→10日以内にWindows10へダウングレード→Windows11へ再アップグレード→繰り返す

上記の様なサイクルを回すことも可能なため少しでも怪しいと感じたら一度戻してみる方が良い選択かもしれません。実際私も3サイクルほど繰り返して動作確認を行いました。皆さんもアップグレード後は利用されているアプリや普段の操作に影響のある不具合が起きる可能性もあるので早めに一通りの動作確認を行うことをおススメします。

Windows11へWindowsUpdate画面からのアップグレード手順と注意点とは
WindowsUpdate画面からWIndows11へのアップグレード手順と2021/10/05に一般リリースされたばかりで私自身もディスプレイ関連の不具合によりダウングレードした経緯もあり注意事項を含めた実施タイミングの判断指標をまとめました。
Windows11作業効率化に差が出る?おすすめの設定/ファイル整理活用術|エンジニア目線
Windows10の方やデスクトップ画面上にファイルやフォルダが大量に配置されている方も必見!エンジニア歴10年の私が実際に活用している方法をGif動画付きで分かりやすくご紹介。タスクバーやエクスプローラのピン留めやクイックアクセス設定を利用することで、利用頻度の高いファイルやフォルダへのアクセス時間を短縮することが可能となります。

コメント