スポンサーリンク

【Bluetoothイヤホン×iPhone】コスパ最高のSoundPEATSを体感

こんにちはiPhone XRユーザーのINFO BOXです。

以前まで利用していたQYC QY8イヤホンは同じBuetooth接続でしたが、接続不備やらもあり3年ほど利用していたのでそろそろ替え時かなと思い、先日SoundPEATS Q32(Bluetoothイヤホン ワイヤレス)を5,000円で購入しました。

これはオススメしなきゃ!!!

類似製品も多く自分もかなり悩んだこともあったので、購入から開封・接続等の使用感を皆さんに共有することで同じように購入を悩まれている方々の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

Bluetoothイヤホン購入前の選定基準(iPhone利用)

  • 予算は8,000円以内
  • Bluetooth接続はスムーズが一番!(再ペアリングを何度もしない)
  • 待機時間や連続再生時間は長い方が良い
  • 充電容量はある程度欲しい
  • フィット感(インナーイヤー)

「ワイヤレス」イヤホンと言えば・・・Appleユーザーの私としてはAirPodsも魅力的ですが税込だと18,000円前後しますからね・・・。最近はApple純正のイヤホン自体が私の耳に合わないようでフィット感が無いため、仮にAirPodsをイキって購入したとしても落とすリスクが高まりそう・・・w

初ワイヤレスのため紛失や落下で故障した際もショックは限りなく低い方が良い!

と言うことでAmazonさんには類似の種類が豊富なのでかな〜〜〜り悩みましたが、上記の選定基準を満たしてくれたSoundPEATS Q32を購入することとなりました。

 

SoundPEATS Q32スペックについて(Bluetoothイヤホン)

soundpPAEATS Q32箱

通信:bluetooth5.0(4.2に比べて通信範囲は4倍、通信速度は2倍)

最大通信距離:10m

重量:4.7g(片方)

待機時間:120時間

再生時間:4時間

充電時間:2時間

充電回数:20回分

ケースバッテリー容量:2600mAh

防水:PX4(汗をかくスポーツや、突然雨が降ってきた時にも安心です)

その他にノイズキャンセリングやフィルタリング機能があり遮音性が高いのも特徴です。

SoundPEATS Q32到着後の開封

soundPEATS Q32 中身

箱の中身はこんな感じです。

箱自体も若干iPhoneの箱に形も似ているためプレゼント用としても喜ばれるかもしれませんねwパッと見の期待感(笑)

カバー(シリコン)もイヤホン本体に既に装着されているものを含めると4種類あるため、耳の穴の大きさに合わせて調整可能ですね。このタイプであれば私の場合フィット感を得られるため落下のリスクを低減させることができます。

説明書も日本語対応しているため理解しやすくありがたいですね。

SoundPEATS Q32 接続手順(iPhoneXR)

①ペアリング方法

右側のイヤホンをケースから取り外し→自動的に「ペアリング」が開始。

iPhone>設定>Bluetooth(ON状態)>「SoundPEATS Q32 R」をタップ

soundpeatsペアリング

タップ後は以下表示となれば接続完了!

soundpeats接続

②ペアリング後以降の接続方法

ケースから右側のイヤホンを取り出すだけで接続されます。

※iPhone側のBluetooth接続はON状態

尚、

左右のイヤホンはそれぞれの接続は独立しているため単体のみ片耳モードでもOK!

右→左の順でイヤホンをケースから取り外せばその順で接続が自動的に完了します。か、簡単過ぎる!

SoundPEATS Q32 × iPhoneXRの使用感

OYC QY8との比較

以前まで使用していたQYCのイヤホンは電源ON(ボタン長押し)後も何故か接続ができず、「接続状態」をiPhone側で確認しても繋がっていない場合が多く、その場合は際ペアリングを繰り返したり試行錯誤が必要でした。更に必ずと言って良いほど同じ場所や満員電車内で音切れが発生していました。

ですがこのイヤホンを使用してから一ヶ月ほど経過していますが、今のところ「音切れ」を確認したタイミングは1,2度程度のため格段に改善されました。

電源ON/OFFの切り替えもケースから取り出し/収納するだけ。充電については毎日充電しなければ「バッテリーロー」と毎回怒られていましたが、全く気にすることなく週一ペースで充電するだけで良いため快適です。

音質・遮音性

私自身がそこまで音質へのこだわりはありませんが、遮音性が上がったこともありクリアな感じはしています。以前までは電車内では周りの雑音でNetFlixなどを見ている際には聞き取りにくいタイミングもありましたが今は動画に入り込んでしまっています(笑)

落下のリスク

「ワイヤレスイヤホン」を購入時に一番懸念していた要素の一つがこれです。実際に装着してみるとワイヤレスだけあってコードでひっぱられることにより着脱してしまっていたことはありましたが、逆にその要素が排除されたこともあり激しく頭を振っても外れません。週1ペースでジムに行ったりランニングをしたりする際に使用しており、かなり汗をかくタイプですが今のところ外れたことはございません。「汗」

が出てくると外れそうになることはありますが、「外れそう」ということを察知するため今のところ落下させずに済んでいると言ったところでしょうか。

特にランニング中は今まで「コード」に引っ張られることで外れることが多々あったため、それに比べるとこちらに関しても使い勝手が良くなりました。

2つデメリット

良いことばかり書いてきましたが、不便に感じていることもあるので書かせていただきます。

1つ目は「ケースの持ち運び」が若干面倒ですね。今まではイヤホン本体のみだったものが、

「横75mm × 縦48mm × 厚さ30mm 重さ約140g」をカバンやポケットの中に収めなければならなくなった。購入時にわかっていた事ですがwサイズ感で言うと昔のポケベルより若干厚みがあるためパンツのポケットに入れるとかさばります。個人的に休日の外出時にバッグを持ち歩きたく無い派の私はこれから持ち運ぶはに転向する予定ですw

2つ目はケースからの出し入れがしにくい!これは慣れの問題かもしれませんがマグネット式となっており、左右で収納場所が決まっているためぼーっとしているとどっちがどっちか分からなくなる場合もあります。特に取り出す際は手が乾燥していると滑って中々取り出せない場合があります。無理やり取り出そうとすると滑って落下したり・・・ただ一ヶ月も使用していると流石に慣れてきたので許容範囲といった感じです。

 

Bluetoothイヤホンを使ってみた感想

AirPodsをはじめ「ワイヤレスイヤホン」がかなりの種類で出回っているため、

購入時に悩まれる方も多いかと思います。価格も3,000円程度のものから数万円もするものもあり、正直違いがよく分からなかったり知らないブランドばかりのため「劣悪な製品だったらどうしよう」とビビってしまうこともありますよね。

私はビビりなので70%OFF!とかの製品を見ると常に疑いの目でしか見れなくなってしまいます。同じように悩まれている方がいらっしゃいましたら「音質にそこまでこだわりがない」「面倒だから充電はマメにできないや」って方あれば価格も5,000円程度でスペックも良いためコスパとしてはかなり良いと思います。

Bluetooth関連で私の自宅では音楽が流れる電球を使用しています。気になる方は是非こちらの記事もご覧ください

アイリスオーヤマ|Bluetooth電球スピーカーを購入レビュー
LED電球でBloutooth4.0接続可能なこちらの商品に関するレビュー記事。購入理由から気になる音質・明るさ・接続方法など気になる点からマイナス要素も含めて感想をまとめてあるため、検討されている方は是非チェックしてみてください

コメント